そもそも信用取引って何?

自己資金より大きな資金で取引ができる!

信用取引とは証券会社からお金を借りて自己資金以上の取引を行うことをいいます。住宅ローンを組んで金融機関から融資を受ける際にも、この人なら返済することができるという信用があるからこそ融資をしてくれます。株式投資を行う際にはこれと同じように証券会社からお金を借りることができるのです。例えば自己資金が100万円しかない人でもその100万円を保証金として、約3倍の300万円までの取引が可能ですので利益がでた場合は単純計算で自己資金の3倍の利益をあげることができます。
ただし、利益が多いということはその分損失も多くなります。自己資金が著しく減ってしまった場合は証券会社から追証という通知がきます。これは損失により自己資金が減少しているので、追加の資金を口座にいれないと自己資金以上の損失になる(つまり借金を抱えるということ)可能性があることの通知です。追証が発生した場合はその指定期日までに資金を口座に入れないと自動的に決済が行われてしまいます。

利益をだす局面を増やすこともできます!

信用取引によって行える取引には他にも信用売りがあります。通常の株取引では株価の安い株を買い、値上がりをした時に売却することによる売却益で利益をあげます。しかし、信用売りを行うことにより株価の値下がりする局面でも利益を上げることができるようになります。
信用売りは、必ず後に買い戻すという信用を元として先に株を売ることができます。つまり、1株当たり500円の株が下落すると予想した場合に、500円で先に売り注文を出してその後450円に値下がりしたら買います。そうすることにより投資家は1株当たり50円の利益を上げることができるという仕組みです。相場は常に上下していますのでこの信用売りを行えば、株価の上昇局面だけで取引するよりも利益をだすことのできる局面を増やすことができます。